あらき矯正歯科 愛知県春日井市の矯正歯科専門医院 小牧市・北名古屋市・豊山町・名古屋市守山区・名古屋市北区など春日井市近郊エリアの方もお気軽にご相談下さい。
愛知県春日井市の矯正歯科 あらき矯正歯科
あらき矯正歯科 治療方法
治療方法
治療方法 あらき矯正歯科では、子供からの矯正治療はもちろんのこと、成人の矯正治療も積極的に行っております。

子供からの矯正治療を積極的に行う理由は、
習癖の改善が可能・上あごと下あごの前後左右的なアンバランスの改善が可能
歯を抜かずに治療を行うことができる可能性が高くなる・矯正装置をつけている期間が短縮される
などがあります。

矯正装置にはたくさんのタイプがありますので、目立たせたくない方には、透明なマルチブラケット矯正・リンガルブラケット矯正(舌側矯正)・マウスピース矯正をご用意しております。

診断時に診断用ソフトを用いて矯正治療後の治療終了時どのように矯正されるかの資料をお作りし、お渡ししています。また、永久歯が生えそろっている患者さんには、予測模型もお作りしています。
その為、安心して治療をスタートする事が可能です。 また、矯正治療後は、予測とほとんど変わらないレベルで改善されていきます。
子供の矯正治療
子供の矯正治療子供の矯正治療(小児矯正)は、成長期にある子供の時期に行う矯正治療のことです。
歯並びや咬み合わせともに、よりよい成長発育を促すことができるのです。

最近、子供たちのあごが小さくなっていると言われています。昔と比べて柔らかい食べ物が多い食生活が原因だと考えられています。その結果、きゃしゃで小さなあごになり、歯がきちっと並ぶことができずに歯並びが乱れてしまうのです。

ガタガタになってしまった歯並びや咬み合わせでは良く咬む事が出来ないので、さらに悪循環であごを使わなく(使えなく)なってしまいます。成長・発育する時期にそのような歯並びや咬み合わせでは、全身的な成長や脳の発達にまで影響を及ぼしかねません 。また長い間、片寄ったあごの使い方をしているとあごの形が変形してしまうような事も起こってきます。

歯がデコボコに並んでいると、まず汚れ(歯垢:プラーク)がたまりやすくなり、それと同時にブラッシングもしづらくなってしまいます。その結果、汚れが原因である虫歯や歯肉炎、歯周病になりやすくなってしまいます。
その他にも次のようなさまざまな影響が考えられます。
 
● 発音が不明瞭になります
● 歯並びや咬み合わせの悪さがコンプレックスとなり心理面へ影響を及ぼします
● しっかり咬むことができないことで身体的成長、脳の発達、集中力の低下などに影響します。また胃腸などの消化器官へも負担がかかります
● 顎の関節や筋肉に負担がかかり顎関節症を引き起こしたり、肩こりや頭痛、腰痛を起こすこともあります
● 姿勢が悪くなり、体・顔のゆがみにつながることもあります


子供の矯正治療は、歯並びだけを改善するのではなく、これらのことを予防することにもつながるのです。
子供から始める矯正治療のメリット
矯正治療自体は大人になってからでも可能ですが、子供の時期に矯正をする事により理想的な治療を行なうことが出来ます。
その理由として子供は成長期にあるということ。

成長期には歯が生え変わるだけでなく、あごの骨も成長するので、成長期から矯正治療をはじめることにより、歯並びや咬み合わせとともによりよい成長発育を促すことができるのです。これが成長期の矯正治療のいちばんの目標です。
【歯を動かす】ことだけで歯並び、咬み合わせの治療をおこなう大人の矯正治療と比較して、成長期の矯正治療は様々なメリットが得られます。
 
● あごの正しい発育を促す
● 永久歯を正しい位置へ導く
● 永久歯の抜歯の可能性が減る
● 口腔衛生を管理できることにより虫歯予防もできる
● 指しゃぶりや舌癖などの悪習癖を改善するトレーニングを行える
● 手術の必要性が減る
● 本格矯正治療(二期治療)の装置をつける期間が短くてすむ
一期治療と二期治療
子供の頃から矯正治療を始める場合、矯正治療を一期治療と二期治療の2段階にわけて計画します。
歯のはえかわりやあごの骨が成長する子供の時期は1段階目の一期治療であり、
【悪くならないように予防すること】【よりよい成長発育に誘導すること】が主な目的で、成長とともに矯正治療が進んでいきます。
子供の頃から矯正治療を始めると、成長期にしかできない治療を行なうことができます。場合によっては一期治療で終える事ができる場合もあります。

一期治療と二期治療 チャート

矯正治療開始の目安

  受け口(骨格性)の場合 その他の不正咬合(出っ歯、ガタガタ)の場合
一期治療 程度が著しい場合、乳歯列期(4〜5歳)から始める場合もある。 上顎の前歯が生えてくる頃
二期治療 女子では14、15歳、男子は16歳頃〜から歯列矯正が可能。
場合によっては保険診療(外科矯正)に移行する場合もある。
一般的に第2大臼歯(12歳臼歯)が、きちんと生えたら歯列矯正を行う。

※親御さんから、よく頂くご質問としては、
子供の歯科矯正を考えています。始めるなら、永久歯に生え変わるまで待ったほうがいいですか?というご質問をよく受けます。
当院では、乳歯が生えそろった時点で気になるなら、一度ご来院されることをお勧めしています。
大人の矯正治療
大人の矯正治療矯正治療は子供の頃にするものと諦めていませんか?矯正治療は、子供だけでなく大人も行うことができます。

基本的には歯の代謝機能を活かして行うものですから、大人になってからでも健康な歯と歯肉があれば、何歳でも矯正治療は可能です。
大人の場合は発育段階の子供と違い、歯並びや咬み合わせ、口元の形態などを対象とした治療を行います。

咬み合わせの悪さが肩こりや、歯周病、発音の不明瞭さの原因になる場合もあります。
成人矯正の治療目的は、歯並びや咬み合わせをきれいに整えることでしっかり咬めるようにすると同時にこれらの二次的な悪い影響を予防することにもつながります。
成人矯正では見た目はもちろん咬む機能と心身の健康を増進させようとする医療なのです。

最近では、学生や社会人はもちろん、40代、50代、またさらに年齢を重ねられた方で矯正治療を始められる方が増えています。
大人と子供の矯正治療の違い
大人と子供では、治療方針・方法に大きな違いがあります。顎の成長がまだ発育段階にある子供の場合、矯正治療はその成長発育を利用して顎の成長を正しい方向に導いたり、永久歯の萌出スペースを作ったり歯と顎を理想的な位置に誘導しながら進めていきます。子供の治療期間が「第1期」と「第2期」に分かれ、治療期間も数年にわたるのはそのためです。

一方、すでに成長発育が止まっている大人の場合、顎の位置は確定し、大きさも完成しているため、それを基準に歯を移動させて歯並び、咬み合わせを治療していきます。
矯正装置について
当院では患者さんのライフスタイルや歯並びの状態に合わせて様々な矯正装置をご用意しております。
透明なマルチブラケット矯正 透明なマルチブラケット矯正

歯の表側に装置をつけて行う最も一般的な方法です。
当院では目立たない透明の装置でセルフライゲーションブラケットを使用しています。
また、歯を動かすワイヤーは白色に近いものを利用しております。

セルフライゲーションブラケットではブラケット自体がワイヤーを保持する構造を持っています。
その為、従来のブラケットに比べてワイヤーとブラケット間の摩擦抵抗(フリクション)が軽減されることにより、スムーズに歯を移動させることができるようになりました。これにより初期の歯の移動に伴う痛みが軽減し、治療期間を短縮することができます。

※当院では、透明な装置はクリアスナップブラケット、メタルではデーモンブラケットを使用しています。

メリット デメリット
・歯を動かすときの痛みが少ない
・治療期間が約20%〜30%短くなる
・歯を抜かずに治療できる可能性が高くなる
・歯を支える組織に優しい
・特になし。
 
裏側からのリンガルブラケット矯正(舌側矯正)   裏側からのリンガルブラケット矯正(舌側矯正)

歯の裏側に装置をつけて行う方法です。外からは見えないため、人目を気にせずに治療が受けられます。
装置の改良で従来の裏側の装置の欠点であった舌への不快感、発音への問題点も大幅に軽減されました。
また、上の歯は裏側に下の歯は表側に矯正装置をつけるハーフリンガルという方法もございます。上下顎で行なうよりコスト面でリーズナブルになっております。

メリット デメリット
・装置が見えない、歯列矯正に気づかれにくい
・歯の裏側の方が虫歯のリスクが低い
・前歯を入れる治療が得意
・表側の装置と比べて舌に違和感を感じやすく、
  発音しにくい場合がある
・歯磨きがしづらい
・治療の当初、奥歯で噛みにくい場合がある
 
マウスピース矯正   マウスピース矯正

透明で薄いマウスピース型の矯正装置です。透明で薄いため、口元の見た目は装着しているのがほとんどわかりません。また、取り外しが可能なため衛生的です。
ただし症状によっては使用できない場合がありますので、ご相談ください。

メリット デメリット
・透明なので目立ちにくい。
・食事がしやすい、取り外せる
・金属アレルギーを引き起こす心配がない
・歯の重なりが強い方はできない
・奥歯のかみ合わせの前後的不正は治らない
・ブラケット矯正の方が早い
 
インプラント矯正   インプラント矯正

矯正治療用のインプラントを一時的に顎の骨に埋め込み、それを固定源として歯を動かす方法です。表側または裏側の矯正装置と併用して治療を行います。患者さまへの負担の軽減や治療期間の短縮が期待できます。

インプラント矯正に使用されるインプラントは矯正用につくられたインプラントで直径1.4〜2.0mm:長さ6〜10mm程度の非常に小さいものです。従来の歯科治療に使用されるものとは形も大きさも用途も異なります。素材は生体親和性の良いチタン性です。

メリット デメリット
・治療期間を短縮することができる。
・いろんな補助的な装置を使用しなくても
  良くなるので患者さまの負担を少なくすることができる。
・歯を抜かずに矯正治療を行える可能性が高くなる。
・外科手術の併用が必要な患者さまでも
  外科手術なしで矯正治療を行なうことができることもある。
・インプラントを埋入する必要がある

※埋め込む場所やインプラントの種類は症状や目的により
異なりますが埋入部位は重要組織(太い血管や神経等)
が無い部分に埋め込みますのでそういった意味での危険性
は非常に低いです。
保険が適用される矯正治療
保険が適用される矯正治療厚生労働大臣が定める疾患に起因した咬合異常が認められる患者さまの矯正治療につきましては保険が適用となります。
ただしすべての医療機関で保険が適用されるわけではありません。

当院は指定自立支援医療機関であり、厚生労働大臣が定める施設基準に適合している歯科矯正診断施設ですので、厚生労働大臣が定める疾患を起因とした咬合異常の矯正治療について保険が適用されます。
指定自立支援医療機関
< 厚生労働大臣が定める先天異常の疾患 >
唇顎口蓋裂、ゴールデンハー症候群(鰓弓異常症を含む)、鎖骨・頭蓋骨異形成、クルーゾン症候群、トリチャーコリンズ症候群、ピエールロバン症候群、ダウン症候群、ラッセルシルバー症候群、ターナー症候群、ベックウィズ・ヴィードマン症候群、尖頭合指症、ロンベルグ症候群、先天性ミオパチー、顔面半側肥大症、エリス・ヴァン・クレベルド症候群、軟骨形成不全症、外胚葉異形成症、神経線維腫症、基底細胞母斑症候群、ヌーナン症候群、マルファン症候群、プラダーウィリー症候群、顔面裂、筋ジストロフィー、大理石骨病、色素失調症、口―顔―指症候群、メービウス症候群、カブキ症候群、クリッペル・トレノーネイ・ウェーバー症候群、ウィリアムズ症候群、ビンダー症候群、スティックラー症候群

当医院には、【春日井市・小牧市・北名古屋市・豊山町・名古屋市守山区・名古屋市北区】などから矯正歯科治療に患者様が来院されています。

トップコンセプト矯正歯科とは治療の流れ治療方法料金ご案内矯正歯科治療の医療費控除矯正歯科Q&A症例医院ご案内

あらき矯正歯科 診療科目:矯正歯科・小児矯正歯科
指定自立支援医療機関・顎口腔機能診断施設
あらき矯正歯科
〒486-0928 春日井市妙慶町2-39 メゾンボヌール1F TEL:0568-35-5111
0568-35-5111までお気軽にご相談・お電話ください。